【バイオリンと私】ママには内緒

これは4分の1サイズのバイオリン。

使っていたのはおそらく、
最初に習った鈴木メソードから、
個人の先生ところに移ったか移らないかの頃だと思います。
練習量がドーンと増えて、
汗と涙で指板(指で弦をおさえるところ)褪せてます。

この頃のことで1番覚えていることは、
ある日の練習中。
母に、

『指から何か感じないか?』

とひたすら言われたのです。

指板をみようとすると、

『見ないで!指で!!!』


え?

いやぁ…

何も…


なーんて鬼の形相の母には言えず…


多分、あまりにもぼーーーっと練習する私が許せなかったのでしょう。

母は、とある細工を指板に施していたのです。
わかりますか?


そう!穴!!

穴が開いているのです!!



いやいやいやいや

気づくかーーーい!!!∑(゚Д゚)


弦をおさえているんだから、穴の上には弦があるわけで…

なんて冷静に思ったのはごく最近のことで、

当時の私はあまりにもわからなかったため、

母の目を盗んで指板を見ました笑

そして、この穴を発見。

で、母に『穴が…ある』と伝えたワケです。

そしたら母は、

『そう!!!そうだよ!!!

よくわかったね!!!』

…鬼の形相、解除となりました。


ほーっε-(´∀`; )



どんなにお子さんがぼーーーっとしていても指板に穴はやらないでくださいね笑






本物の中で経験から学ぶーバイオリン教室 AobaViolinClass

"習いごと"は未来へのおくりもの。 バイオリンは、自分で音をつくる楽器です。【思考力】、【判断力】が磨かれます。また、曲を演奏したり音を奏でることで、【表現力】が身につきます。おけいこは楽しいことばかりではありません。でも、続けることで、努力を惜しまず自分を信じる力が育ちます。

0コメント

  • 1000 / 1000