ヒジの角度がポイントです。その②

前回は左手をフォローするための左ヒジの角度のことを書きました。

今回は右です。
左は指に直結するので『ヒジ気をつけて〜』というとわりとスッと入ります。

これが右になるとですね、なかなか意識が行き届かないことが多いのです。


A線を弾く時。

E線を弾く時。
◯を重ねてみると、隣の弦でもこれだけ角度に差があります。

角度が足りないと…

●雑音が入る
●弓がまっすぐ弾けない
●音が鳴りにくい(弓にのらない)

こんな症状があらわれます。

ぜひ一度鏡でフォームチェック、してみてくださいね(*^^*)

ちょっとした構え方の違いで音が変わりますよー♪

本物の中で経験から学ぶーバイオリン教室 AobaViolinClass

"習いごと"は未来へのおくりもの。 バイオリンは、自分で音をつくる楽器です。【思考力】、【判断力】が磨かれます。また、曲を演奏したり音を奏でることで、【表現力】が身につきます。おけいこは楽しいことばかりではありません。でも、続けることで、努力を惜しまず自分を信じる力が育ちます。

0コメント

  • 1000 / 1000