弦楽アンサンブルへの思い

おはようございます!
市が尾 あおば音楽教室です。

松の内も明け、すっかり平常モードですね。

このクリスマス〜お正月にかけての早いこと早いこと…(ーー;)

さて、4月に2周年を迎える 市が尾 あおば音楽教室ですが、今年の秋にあらたに2つのクラスを開設します!!




1つは…

弦楽アンサンブル!



なぜ弦楽アンサンブルのクラスを開設しようと思ったのか…

少し書いてみたいと思います。

1つは単純に私はアンサンブルが大好きです。

特にヴィオラに転向してからそれは強くなりました。

旋律がどんな風に歌いたいのか。

どんな風に刻んだら心地よいのか。

これがハマった時の快感(*´艸`)〜♡


冥利に尽きます。。

…いやいや、弦楽アンサンブルクラスを開設しようと思ったのはそれだけではなくて…

大人になってからバイオリンを始められて、数年習ってオーケストラや室内楽などのアンサンブルを楽しまれる方は多いです。

私自身、

『オーケストラや室内楽って、とりあえず1人で弾けたらなんとからなるでしょ〜( ´ ▽ ` )ノ』

なーんて思っていた高校生時代(ーー;)


でも、

1人で弾くのとみんなで弾くのはぜんぜんちがーう!!

ど田舎から上京して入学した音楽高校の授業で、
手も足もでず…


長くなりそうなので、続きはまた次回( ´ ▽ ` )

本物の中で経験から学ぶーバイオリン教室 AobaViolinClass

"習いごと"は未来へのおくりもの。 バイオリンは、自分で音をつくる楽器です。【思考力】、【判断力】が磨かれます。また、曲を演奏したり音を奏でることで、【表現力】が身につきます。おけいこは楽しいことばかりではありません。でも、続けることで、努力を惜しまず自分を信じる力が育ちます。

0コメント

  • 1000 / 1000