【かなこ先生のバイオリン日記】その差何ミリ?

先日、突如折れた駒。
新しい駒になったのはもちろん、
元々の駒も楽器屋さんのゴッドハンドに寄って蘇った。
上が元々。下が新しいの。
写真とる角度が下手くそでもどかしいのですが、
新しい駒が分厚い。
正確には元々の駒が細かった。

弾くとその差は、歴然(  Д ) ⊙ ⊙。

この木の何ミリの差で、
全く音の出方、飛び方、鳴り方が違う。

分厚い方は音がとにかくこもった感じで、
私にはストレス( ノД`)

蘇っているとはいえ、一度折れているので、元々の駒を使うのはそれなりにリスクを伴います。

それでもこの音の鳴らないストレス!!(›´ω`‹ ) 


リスクを選びます。。
ついでに分厚い方は削ってもらいます。。

あぁ。。

深いなぁバイオリン。

本物の中で経験から学ぶーバイオリン教室 AobaViolinClass

"習いごと"は未来へのおくりもの。 バイオリンは、自分で音をつくる楽器です。【思考力】、【判断力】が磨かれます。また、曲を演奏したり音を奏でることで、【表現力】が身につきます。おけいこは楽しいことばかりではありません。でも、続けることで、努力を惜しまず自分を信じる力が育ちます。

0コメント

  • 1000 / 1000