【バイオリンと私】楽器選びのポイント

フルサイズと呼ばれる大人サイズのバイオリンになってから、今、3代目となるこちらの相棒。

フランス出身 の彼女(勝手に彼女だと思っている)。
楽器の購入に関して、

『どうやって選んだらいいですか?』


『替えどきはいつですか?』


この2つはよく聞かれます。

選ぶ時、私がポイントだなぁと思っていること。
まずは、現実的な部分で2つ。

●予算

→ある程度絞らないとね。ほんとピンきりです。上を見たらキリがありません笑

●ポテンシャル

→"今"完成されている楽器もあれば、弾き込んで変化している可能性が"今"は見えにくい楽器もある。難しいけど、見極めなければいけないポイントです。

あとは、

●フィーリング

→コレ、重要。

むしろ仕事とか受験とかコンクールとかそういうのを抜きにするなら、予算とコレでもいいんじゃないかと私は思う。
この音が好き!この裏板の模様が好き!
とにかく気になる♡
なんか好き!→『なんか』っていうこの感覚も大事。
手触りも重要。

だって相棒なんだもの♪
毎日一緒なんだもの♪


フルサイズは、一旦買ってしまえば子ども用の分数楽器と違って、買いかえの必要は基本的にはありません。


フルサイズの替えどきは、

…欲が出たとき

     …笑

もっといい音が出したい〜
音量が欲しい〜
違う楽器も弾いてみた〜いetc…




わたくし、いま欲の塊でございまして、、
いろいろなバイオリンさんとお見合いしております笑(*´艸`)♡


そのお話しは、またの機会に♡


本物の中で経験から学ぶーバイオリン教室 AobaViolinClass

"習いごと"は未来へのおくりもの。 バイオリンは、自分で音をつくる楽器です。【思考力】、【判断力】が磨かれます。また、曲を演奏したり音を奏でることで、【表現力】が身につきます。おけいこは楽しいことばかりではありません。でも、続けることで、努力を惜しまず自分を信じる力が育ちます。

0コメント

  • 1000 / 1000